Home » イベント » コンタクトセンター・スペシャリスト養成塾 第4期 教育研修スペシャリスト養成講座

コンタクトセンター・スペシャリスト養成塾 第4期 教育研修スペシャリスト養成講座

            コンタクトセンター・スペシャリスト養成塾 第4期 開講

■コンタクトセンター運営専門誌「コンタクトセンター・マネジメント」を発行する株式会社CCM総合研究所では、さまざまな課題解決と他のセンターとの交流を目的にコンタクトセンター・マネジメント研究会、通販コンタクトセンター研究会、九州コンタクトセンター・マネジメント研究会、北海道コンタクトセンター・マネジメント研究会、大阪コンタクトセンター・マネジメント研究会などさまざまな研究会を主宰してきました。

■こうした中で、コンタクトセンターでクレーム対応や、モニタリング&フィードバック、教育研修、KPI管理、シフト管理、VOCマネジメントなどを専門に行うスペシャリストを少人数で短期間に養成したいというニーズにお応えして、2014年4月に開講したコンタクトセンター・スペシャリスト養成塾の第4期を2017年4月より開講いたします。
 

      コンタクトセンター・スペシャリスト養成塾 第4期
     教育研修スペシャリスト養成講座 参加者募集開始(全3回)

■教育研修スペシャリスト養成講座の概要

・社内トレーナーとして、必要な基礎知識、教育スキル、教育のためのコミュニケーション方法を習得します。社内に人材育成者としての立場に立って、人材の成長を請け負えるスペシャリストを育成します。

・独自性が高く、会社全体の一般的な教育から孤立しがちな現場の教育担当者が自信をもって教育計画を組み立てられるよう、教育工学(インストラクショナルデザイン)に基づいた知識を伝授します。また、教育現場に必要なプレゼンテーションとコーチングコミュニケーションのスキルを習得します。

・研修は、1.知識習得、2.ワークを通じた他社との意見の交換、共有による気づき、3.実習による自己スキルの向上という三本柱で進行します。

■開催日時(全5回)

第1回 4月26日(水) センター内教育の特徴とトレーナーの役割
第2回 5月16日(火) 人材育成デザインとトレーニングスキル
第3回 6月13日(火) 効果を上げるトレーニングとフィードバック

各回 13時受付開始 13時30分~16時30分

■カリキュラム

第1回 センター内教育の特徴とトレーナーの役割
・コンタクトセンターの特殊性と背景
・コンタクトセンターをとりまく状況の変化
・人材育成のプロセス
【ワーク】ニーズアセスメント

第2回 人材育成デザインとトレーニングスキル
・ラーニングプロセスの進化
・インストラクショナルデザインの考え方
・センター内の人材育成のゴールを定める
・トレーニングをデザインする
・トレーニング実施者の役割と必要な能力
【ワーク】ゴールとプロセスデザイン

第3回 効果を上げるトレーニングとフィードバック
・成人教育の原理
・教育現場でのモチベーションと受講者の心理
・効果が実感できるモニタリングとは
・ティーチングとコーチングングを使い分ける
・プレゼンテーションのツボ
【ワーク】コミュニケーションテスト

講師

Y’sラーニング株式会社  代表取締役  浮島由美子 氏

プロフィール
・埼玉県立浦和第一女子高校、私立学習院女子短期大学卒。
・2005年5月Y‘sラーニング㈱設立。代表取締役。
コミュニケーションおよびマネジメント研修を中心に活動中
・著書:「できる人の要約力」(中経出版)
・業務アプリケーションサポート業務、ネットワークの運営管
理サポート業務を経て、コンタクトセンター、ヘルプデスク
の構築、運営に携わる。また、品質管理および人材育成を担
当。品質管理、採用、要員教育、教育コース開発、顧客満足
度調査の結果分析を行いスキルの標準化、可視化に取り組む。
・ITSSでは、初年度実証実験に参加、ISMS職種のスキルマップ
と研修体系を作成し、教育とOJT評価を実施した。

■募集人数 15名(最小催行人員 6名)

■参加費(全3回)

一般 48,600円(消費税込み)
コンタクトセンター・マネジメント年間購読企業
または、弊社主催研究会会員企業 37,800円(消費税込み)

■会場
サニー貸会議室
東京都千代田区内神田3-4-11 サニー南神田ビル
http://s-kaigi.jp/access/index.html

JR神田駅 西口 徒歩2分、東京メトロ銀座線神田駅 1出口 徒歩4分
東京メトロ丸の内線大手町駅 A2出口 徒歩8分
東京メトロ丸の内線 淡路町駅 A2出口 徒歩8分
都営地下鉄新宿線 小川町駅 A1出口 徒歩8分

——————————————————————–
 お申込み送信先  contact@ccm-soken.com

1.お名前
2.貴社名
3.部署名
4.役職
5.住所  〒
6.Eメールアドレス
7.連絡先TEL
8.一般・購読者企業・研究会会員企業のいずれかを選択
——————————————————————–

■お問い合わせ
株式会社CCM総合研究所 TEL:03-6684-0862
Eメール:contact@ccm-soken.com


PAGE TOP