Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2021/2/17〕レバロ、コンタクトセンター人材に特化した 「ロールプレイ型録画面接による能力評価サービス」を提供開始

〔2021/2/17〕レバロ、コンタクトセンター人材に特化した 「ロールプレイ型録画面接による能力評価サービス」を提供開始

 ロールプレイ型面接により候補者の能力を可視化し、企業の採用選考や人材配置をサポートするサービスを提供するレバロ(本社:東京都中央区、松本恵一社長)とインサイト(本社:東京都渋谷区、大西美佳社長)は、コンタクトセンター運営企業向けに、コール、チャット人材への適性を見極め採用等を効率化するサービス「1stインタビュー」を共同開発した。本サービスは、2021年3月より提供開始する予定。
 1stインタビューは、録画面接をベースに、実務を想定したロールプレイ問題に回答することにより、業務に必要な基礎能力を定量評価する面接・評価サービス。企業は専用のリンクを候補者へ送るだけで詳細な評価結果が得られ、また、候補者は好きな時間・好きな場所で面接を受けることができる。この度提供開始するコンタクトセンター人材向けサービスでは、ロールプレイ問題に加え、文章力/タイピング能力の測定など合計60分のアセスメントにて、コンタクトセンター業務に必要な「基礎思考力」「傾聴・傾読力」を始めとするスキル面および「CX理解(接客意識)」などのマインド面を評価する。
 さらに、測定した能力からコール適性と、テキスト適性が明確になるため、社内人材の最適配置および必要な人材を効率よく正確に採用することが可能になり、企業の面接負担の大幅な削減を実現する。


PAGE TOP