Home » 週刊CCMニュース » インハウスセンター動向 » 〔2018/2/9〕静岡銀行、コールセンターでインターコムの画面共有ソリューションを導入

〔2018/2/9〕静岡銀行、コールセンターでインターコムの画面共有ソリューションを導入

 インターコム(本社:東京都台東区、松原由高社長)は、販売パートナーであるリコージャパンを通じて、静岡銀行に、非対面チャネルの強化を実現するクラウド型画面共有ソリューション「RemoteOperator Enterprise」 を採用した。静岡銀行では、同行のコールセンターの新サービスとして2018年1月10日より、画面共有サービスの取り扱いを開始した。
 RemoteOperator Enterpriseは、これまでのリモートソリューションの優れた操作性はそのままに、特にプライバシー性の高い情報を取り扱う金融機関でも安心して活用できるソリューションとして2016年4月に提供開始した。すでにメガバンクを始め地方銀行、証券、生保/損保など金融業界を中心に高い導入実績がある。
 機能面の特長としては、通信の暗号化やログの一元管理はもちろん、顧客自身で見せたくない画面を一時停止してオペレーターにその画面を見せない機能、管理者パソコンからオペレーターの操作内容をモニタリングし、不正行為を監視・抑止する機能などのセキュリティ機能が充実している。加えて、リモートコントロール機能を非搭載とすることで、オペレーターと顧客の双方が安心して利用できるソリューションとなっている。さらに、インバウンドのサポート用途だけではなく、非対面営業で利用できるプレゼンテーション機能を搭載しており、インバウンド / アウトバウンドの双方で活用することができる。


PAGE TOP