Home » 週刊CCMニュース » CRM関連ベンダー動向 » 〔2018/7/3〕セールスフォースと日本システム技術、地域金融機関向けCRMで提携

〔2018/7/3〕セールスフォースと日本システム技術、地域金融機関向けCRMで提携

 セールスフォース・ドットコムと日本システム技術は、金融業界向けビジネスにおいて業務提携したと発表した。日本システム技術の金融機関向けCRMパッケージソフト「BankNeo」を、Salesforce.comのクラウド基盤上で提供する。
 今回の提携で、日本システム技術は従来オンプレミス型で提供していたBankNeoを、新たにクラウド型で提供するSalesforceプラットフォーム上でも提供する。クラウド型のプラットフォームであるため、システムを容易に拡張できる。金融機関に対して、利用規模にあわせて柔軟にシステムを提供できるようになる。
 日本システム技術はまた、Salesforceプラットフォーム上で運用するBankNeoの導入支援サービスを展開していく。Salesforceのクラウドサービスには、営業、カスタマーサービス、マーケティングなどの金融機関業務で利用可能な各種アプリケーションがある。これらのアプリケーションと、JASTが持つ地域金融機関に関するノウハウを組み合わせて、顧客体験を向上させるシステムを提供するとしている。
 背景には、金融業界において、従来の店舗を起点としたサービスから、テクノロジーを利用した新しい金融サービスへと顧客の需要が変わってきているという状況がある。一方で、再編が進む地域金融機関においては、ITシステムに対する大規模な投資が難しい状況にある。
 セールスフォース・ドットコムは、業種・規模を問わない形で、クラウド型CRMサービスを中心に提供している企業である。一方、日本システム技術は、国内金融機関向け情報システムの開発業務に携わっている。日本システム技術のBankNeoは、CRMパッケージとして地域金融機関に多数の実績がある。


PAGE TOP