Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2019/5/16〕NTT-AT、コンタクトセンターソリューション「MatchContactSolution」最新版を発表

〔2019/5/16〕NTT-AT、コンタクトセンターソリューション「MatchContactSolution」最新版を発表

 NTTアドバンステクノロジ(本社:神奈川県川崎市、木村丈治社長、以下、NTT-AT)は、NTTグループのAI技術「corevo」を活用したコンタクトセンターソリューション「MatchContactSolution」の最新版の販売を開始した。
 MatchContactSolutionの最新版では、AIエンジンの搭載により、膨大な文書からピンポイントで回答を導くことができるマニュアル検索機能や既存の応対履歴データを分析し、FAQ作成を支援する機能を実装することで、コンタクトセンター関連業務の効率化を実現する。
 近年の働き方改革の潮流もあり、コンタクトセンターでは、これまでのコスト削減から、応対体制を安定(離職率の低減)させるため、FAQを活用した関連業務の効率的な運用ニーズが高まっている。しかしながら、FAQの活用が進んでいないコンタクトセンターが多いのも実態だ。
 NTT-ATでは、コンタクトセンターが抱えるさまざまな課題に対し、チャットサポートシステム「Remote Attend」や音声認識システムとの連携によるオムニチャネル対応を推進してきた。


PAGE TOP