Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2019/9/2〕シンカ、顧客対応クラウドに電話音声テキスト化機能を追加

〔2019/9/2〕シンカ、顧客対応クラウドに電話音声テキスト化機能を追加

 シンカ(本社:東京都新宿区、江尻高宏社長)は、顧客対応クラウド「おもてなし電話」の機能を強化。既存の「全通話自動録音機能」に「電話音声テキスト化機能」を追加することにより、電話対応の“見える化”を実現した。
 電話音声テキスト化機能とは、顧客対応クラウド「おもてなし電話」のオフィス固定電話の全通話録音機能※1を強化したもので、AIを利用し、録音された電話音声をテキスト化する機能。
 通常の音声認識とは異なり、電話音声のテキスト化は難しいと従来言われてきた。ノイズが大きく、また、電話回線を通すことにより、音質が劣化してしまうから。
 シンカでは、おもてなし電話の通話録音により保存された電話音声データをAIの学習データとすることで、音質の良くない電話音声を実用レベルでテキスト変換することに成功した。
 費用は、初期費用13万円、設置費用2万円、月額費用2万9800円。7000時間分の通話録音と月30時間分の音声のテキスト化が可能。また、時間追加パックを購入いただくことで、テキスト変換する音声の時間を延長することも可能。


PAGE TOP