Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2020/1/8〕ベルシステム24ホールディングス、伊藤忠商事と連携し、タイのコンタクトセンター事業者大手の「True Touch社」に出資

〔2020/1/8〕ベルシステム24ホールディングス、伊藤忠商事と連携し、タイのコンタクトセンター事業者大手の「True Touch社」に出資

 ベルシステム24ホールディングスは、タイの通信サービス会社大手であるTrue Corporation Public社(以下:True Corporation社)と資本・業務提携契約を締結し、True Corporation社の子会社で、コンタクトセンター業界大手のTrue Touch社(以下、True Touch社)の発行済み株式の49.99%を取得し、取締役3名の指名並びに社員2名の派遣を通じて、タイにおけるコンタクトセンター事業を開始すると発表した。
 本件は、ベルシステム24ホールディングスの筆頭株主である伊藤忠商事の戦略的パートナーとして、2014年より資本・業務提携を結ぶアジア有数のコングロマリットであるチャロン・ポカパン・グループ社と伊藤忠商事および同社との連携により実現した。同社は、成長戦略の1つの柱としてASEANを中心とした海外事業展開を進めており、伊藤忠商事との連携により、これまでベトナムのコンタクトセンター最大手に出資し、Bellsystem24 Hoa Sao Joint Stock Companyとして事業展開している。
 今回、新たにビジネスを開始するタイは、アジアで中国に次ぐ日系企業の進出数であり、近年、サービス産業の拡大が目覚ましく、同社がノウハウを持つリテール、金融保険サービス、オンラインコマースなどの市場が大きく伸長している。このような環境の下、True Touch社は、従業員数約1800名、コンタクトセンターブース約1200席を有し、タイ随一のサービス品質を武器に、Trueグループのブランド力と顧客ネットワークを活用し、タイ大手企業並びに官公庁向けにオムニチャネルのコンタクトセンターサービスを提供している。同社とTrueグループの連携によるシナジーを通じてタイ、日本、および多国籍企業などのニーズに応える事業を推進し、タイにおけるコンタクトセンター業界の売上トップシェアを目指す。


PAGE TOP