Home » 週刊CCMニュース » インハウスセンター動向 » 〔2020/9/1〕レオパレス21、全国の直営店舗スタッフによるオンライン対応を開始

〔2020/9/1〕レオパレス21、全国の直営店舗スタッフによるオンライン対応を開始

 レオパレス21は、2020年9月1日より、全国の直営店135店舗にて「WEB契約」の受付を開始した。
 WEB契約は、オンライン上での入居申込書への記入や本人確認書類提出のほか、TV電話にて重要事項説明を実施するため、店舗へのご来店無しでも、契約に関する手続きを非対面で行うことを可能にするサービス。
 同社は、2019年6月に、イタンジが提供するWEB申し込み受付システム「申込受付くん」を導入することにより、来店無しでも契約できる仕組みを構築した。さらに、2020年2月より「非対面鍵渡し(対象:LeoLock設置物件)」を運用することで、契約だけではなく入居まで、来店不要の賃貸契約を可能にしてきた。
 この度、WEB契約の受付対応をこれまでの「レオパレス21 新潟コールセンター」から全国の直営店舗に拡大することで、おすすめスポットや周辺環境などの現地の詳細についての情報提供ができ、より店舗での対面と近い接客ができるようになる。また、従来お部屋探しの相談や内見などで来店後、申込みを希望の顧客は、契約のために再来店する必要があったが、今後はWEB契約を利用することで来店無しで契約までの手続きを完了することが可能となる。
 さらに、受付スタッフが増えるため顧客の希望時間に柔軟に対応できるようになるとともに、同社スタッフも予約対応による業務時間の効率化が可能となる。加えて、在宅勤務でも店舗同様に接客対応できるため、従業員の働き方の改善にもつながる。
 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、同社ではできる限り、非対面によるサービスを提供することで、顧客および従業員の健康と安全を確保していく。さらに今後は、電子契約書サービスと連動することにより、契約書の郵送を無くし、手続き期間の短縮、顧客および同社の手続き業務削減にもつなげていく。


PAGE TOP