Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2011/11/24〕ヤマトコンタクトサービス、宮城県登米市に電話オペレーター育成施設を開設

〔2011/11/24〕ヤマトコンタクトサービス、宮城県登米市に電話オペレーター育成施設を開設

 ヤマトグループのヤマトコンタクトサービス(本社:東京都豊島区、樽見宏社長)は、宮城県登米市の「平成23年度緊急雇用創出事業 登米市震災対応人材育成事業(起業型)」を受託したことを受け、12月1日、同市内に電話オペレーター育成施設「登米トレーニングステーション」を開設すると発表した。
東日本大震災を受け、同社では、被災により失業された方々が仮設住宅や自宅で電話オペレーター業務を行えるよう、育成環境の整備や就業機会の創出を検討していた。そのような中、宮城県登米市が、被災者の在宅就労を支援する企業を対象とした支援制度を設けていることを知り、同社の意向と合致したことから、「平成23年度緊急雇用創出事業 登米市震災対応人材育成事業(起業型)」を受託することを決定した。
登米トレーニングステーションは、研修用スペース・機材の他に、実業務可能なコールセンター機器(在宅用システム、受電機器など)を備え、教育と実務機能を兼備。同社では、今回の宮城県登米市からの業務受託期間終了後も、同地で当トレーニングセンターを継続運営し、被災地の就業支援はもちろん、東北地域でのサービスレベル向上と事業拡大を図っていくという。


PAGE TOP