Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2016/2/29〕キューアンドエーワークス、スキルアップ学習プログラム「KOZA(コーザ)」開校

〔2016/2/29〕キューアンドエーワークス、スキルアップ学習プログラム「KOZA(コーザ)」開校

 キューアンドエーのグループ会社で人材派遣事業を展開するキューアンドエーワークス(本社:東京都渋谷区、池邉竜一社長)は、2016年3月1日より、就業中の派遣社員を対象としたスキルアップ学習プログラム「KOZA(コーザ)」を開校すると発表した。
 キューアンドエーワークスは、2015年4月、厚生労働省から委託を受けた認証委員会より優良派遣事業者認定を受けた会社。認定の上で、派遣社員に対する教育支援プログラムをさまざまな形態で展開している。その一環での支援プログラムの提供となる。
 KOZAとは、働く方々の“スキルマスター”はもちろん“キャリア形成”を目的に、インターネット上で受講できるeラーニングや対面講座を通じた学習プログラム。また、自分に合ったキャリアプランを相談できる専任のコンサルタントがおり「学び」と「交流」を同時に実現できるコミュニティの場も兼ね備えている。
 KOZAでは、英会話などの語学、ビジネスマナーの一般教養に加え、オフィス系ソフトのオペレーション技術、およびWebやネットワーク技術などのIT技術を要するエンジニア育成におけるプログラムを豊富に準備した学習講座となっている。eラーニングでは、オンライン動画学習サービスを運営するスクーの「schoo WEB-campus」を活用し、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットでも受講することができ、いつでも、どこでも学習することができる。


PAGE TOP