Home » 週刊CCMニュース » CRM関連ベンダー動向 » 〔2018/3/9〕楽天と博報堂DYメディアパートナーズ、データ・マネジメントプラットフォームを提供開始

〔2018/3/9〕楽天と博報堂DYメディアパートナーズ、データ・マネジメントプラットフォームを提供開始

 楽天が運営するレシピサイト「楽天レシピ」は、博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、矢嶋弘毅社長)と食の嗜好・食生活をリアルタイムに推計し、日々変化する生活者の食の嗜好に合わせたサービスを提供するデータ・マネジメントプラットフォーム「TastechEngine」(テイステック・エンジン)の提供を開始した。
 TastechEngineは、博報堂DYグループが独自に開発した「生活者データ・マネジメントプラットフォーム」における、生活者ごとの、食の嗜好・食生活に関するアンケート、購買データ、推計のデモグラフィックなどのデータと、月間利用者数が1000万人を超える「楽天レシピ」の閲覧データを、個人を特定しない匿名のCookie情報を用いて統合することで、生活者の日々変化する食の嗜好や食生活をリアルタイムに推計する独自エンジン。このTastechEngineを用いることにより、食に関わるクライアントの課題解決に向けた、より精度の高いマーケティング活動が可能になる。
 これまで、生活者の食の嗜好の分析は、アンケートによって得られたデータを利用したものが多く、継続性や時期・年齢に伴う食志向の変化や、トレンドによるリアルタイムな外的変化の反映が難しいという課題があった。例えば、ある食品が好きな人でも毎日食べると飽きてしまったり、年齢に伴い、好きなものが変わってきたりと、食の嗜好は日々変化する。これまで以上に大規模かつ質の高い食に関するデータを活用することで、日々変化する1人ひとりの食生活にあわせたタイムリーなターゲティング施策を実施することが可能となり、効果的なマーケティング活動が行える。
 楽天と博報堂DYメディアパートナーズは、TastechEngineを用いて、食の嗜好や食生活に基づいた新規見込み顧客の発見やCRMなど、クライアントに有益なさまざまなソリューションを提供し、広告効果の最大化をサポートしていく。


PAGE TOP