Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2018/4/10〕りらいあコミュニケーションズの特例子会社のビジネスプラス、「障害者活躍企業」に認証

〔2018/4/10〕りらいあコミュニケーションズの特例子会社のビジネスプラス、「障害者活躍企業」に認証

 りらいあコミュニケーションズの特例子会社であるビジネスプラスは、「障害者活躍企業」として認証された。
 障害者活躍企業とは、厚生労働省の委託を受け公益社団法人全国重度障害者雇用事業所協会が障害特性に配慮した雇用管理や雇用形態の見直しなどの優れた取り組みを実施しており、障害者を多数雇用し、障害者が活躍している一定の基準を満たした企業を認証するもの。
 ビジネスプラスでは、障害者職業生活相談員の資格を持った援助者を障がい者3名に対して1名配置し、毎週ミーティングを行い障がい者の指導や援助する上での課題や問題点を共有することで、障がいをもつ従業員にとって働きやすい環境作りのサポートを行っている。また、現在担当する業務以外の仕事にチャレンジできる制度により、自主的にさまざまな業務に参加することで仕事の幅を広げている。今回、これら障がい者が活躍できる為のさまざまな取り組みが評価され、認証に至った。
 ビジネスプラスはノーマライゼーション(障がい者と健常者が互いに区別されることなく、社会生活を共にすること)の推進と障がい者の自立支援を企図して設立した障がい者雇用特例子会社。2018年4月1日現在で188人の障がい者が働いており、同社グループの実雇用率は5年連続で3%を超える高い水準を維持している。


PAGE TOP