Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2018/5/8〕Webサイト多言語化ツールを提供するWovn Technologies、国内最大規模の予約システムを提供するリザーブリンクと業務連携

〔2018/5/8〕Webサイト多言語化ツールを提供するWovn Technologies、国内最大規模の予約システムを提供するリザーブリンクと業務連携

 Webサイト多言語化開発ツール「WOVN.io」を提供するWovn Technologies(本社:東京都港区、林鷹治社長)と、クラウド型予約管理システム「ChoiceRESERVE」を提供するリザーブリンク(本社:東京都港区、山本浩史社長)が業務連携し、多言語化した予約管理システムを用いてインバウンド事業者の予約支援を強化すると発表した。
 ChoiceRESERVEは、業界・業種を問わずさまざまな「予約管理」に利用されているサービス。近年、インバウンドが体験型アクティビティや観光、ツアーを申し込む頻度が増えており、ChoiceRESERVEの顧客からも「海外の人も予約ページから予約したい」という要望が多くなっている。国内の多くの事業者はWeb予約ページ内まで多言語化をできていないため、インバウンド予約を取りこぼしたり、電話やメールでの問い合わせ対応の手間が発生したりしていた。しかし、多言語追加開発には時間も人的コストも多くかかってしまうことから、ハードルが高いとされていた。
 今回、多言語対応が最短5分で実現できるWebサイト多言語化開発ツール「WOVN.io」と、フレキシブルに必要機能を搭載できる予約管理システム「ChoiceRESERVE」を提供する両社が業務連携を強化することで、日本語の予約システムを最大30カ国語に対応し、インバウンドのWebサイト予約をサポートする。


PAGE TOP