Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2018/6/7〕NTTテクノクロス、RPAでの全自動化に適さない非定型業務を効率化する新製品を販売開始

〔2018/6/7〕NTTテクノクロス、RPAでの全自動化に適さない非定型業務を効率化する新製品を販売開始

 NTTテクノクロス(本社:東京都港区、串間和彦社長)は、日本電信電話が開発した高度アノテーション付与技術を利用した新製品「BizFront/アノテーション Pro」を2018年6月12日から販売する。
 BizFront/アノテーション Proは、表示対象となるアプリケーションやシステムへの改造が必要なく、パソコンの画面上に注意メッセージを付加して表示させることで人の判断が必要な非定型業務を支援する「BizFront/アノテーション」の高機能版。従来製品に入力チェック機能や注意メッセージ切替機能などを追加し、注意効果の高いメッセージを適切なタイミングで利用者に提示することができ、さらなる業務効率化を実現する。
 近年、働き方改革の一環として、煩雑なデータ登録業務の効率化のために、RPAソリューションを検討する企業が急増している。一方で、コールセンターなど契約情報登録や発注業務といった多様で複雑なノウハウが求められ、手順の途中で人の判断が必要となる「非定型業務」に対しては、全自動化の実現は難しいのが実状。
 NTTテクノクロスはこのような非定型業務において、データ登録時の入力内容示唆や作業ミスを防ぐ機能を追加することで、データ登録業務に対する効率化やリスク軽減に応える。
 価格は、年間82万円(編集ライセンス3端末分と表示ライセンス100端末分)。オプシンで、アノテーションルール作成支援が1件50万円から、導入コンサルティング、操作レクチャー、訪問サポートが1回10万円から。


PAGE TOP