Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2018/8/31〕丸紅情報システムズ、Hmcommの音声AIコールセンターソリューション「VContact」を販売開始

〔2018/8/31〕丸紅情報システムズ、Hmcommの音声AIコールセンターソリューション「VContact」を販売開始

 音声特化のAIベンチャーHmcomm(本社:東京都港区、三本幸司社長)は、丸紅情報システムズ (本社:東京都新宿区、渡辺亮一社長)と、Hmcommの「VContact」の販売代理店契約を締結した。
 VContactは、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)の先端技術をもとに構築されたAI音声認識エンジン「KALDI」を搭載し、Webデータの自動取り込みや社内システムからの用語採録など、独自の自動学習による認識精度の改善、新語対応を実現した音声テキスト化ソリューション。コールセンターに導入することで、オペレーターとサービス利用顧客の通話を全文テキスト変換し、通話中のキーワードに応じたFAQをオペレーター画面に表示し、通話終了後に通話記録を要約するなどコールセンターのオペレーター業務削減を実現する。また、VContactは、MSYSの既存取り扱い製品であるコールセンターシステムなどの製品およびサービスと組み合わせて企業へ提案、提供することが可能。
 丸紅情報システムズは、従来のビジネスに加えて、企業のビジネス変革を全面的に支援するTrusted Adviserとして、さまざまな企業とパートナー関係を構築している。今回、企業のITデザイン全体を策定している一環でVContactに着目し、Hmcommと代理店契約を締結した。
丸紅情報システムズは、今後も既成概念に囚われず、Hmcommをはじめとするベンチャー企業が保有する最新テクノロジーを利活用し、Trusted Adviserとして企業のビジネス変革を支援していく。


PAGE TOP