Home » 週刊CCMニュース » インハウスセンター動向 » 〔2018/10/29〕愛媛銀行、顧客対応チャット・サービスをオラクルのモバイル開発クラウドで構築

〔2018/10/29〕愛媛銀行、顧客対応チャット・サービスをオラクルのモバイル開発クラウドで構築

 日本オラクルは、愛媛銀行が、顧客対応品質の向上を目的に新規導入するチャット・サービスの開発および運用基盤として、「Oracle Mobile Cloud」を採用したと発表した。
 同行のチャットボット・サービスは、Oracle Mobile Cloudの他に、AIにより利用者からの質問を理解し、最適な回答を返す「Oracle Service Cloud」、会話内容データを安全に保管することで、利用者により安心して使ってもらえるようにする「Oracle Database Cloud」など、「Oracle Cloud」サービス群を使用し、2018年7月から構築を開始し、10月30日より、サービス提供開始する。また本件は、ケンファースト(本社:東京都千代田区、畠山憲一社長)が開発、導入支援を行った。
 愛媛銀行は第16次中期経営計画において、インターネット社会の到来、AI・IoTの活用などによる、顧客のニーズ、地域社会の変化や多様化に向き合い、変革に挑戦することを表明している。なかでも、お客様本位の業務改革の1つとして、AI、FinTech、RPAなどの戦略的な投資を強化し、顧客のライフスタイル変化に対応したサービス強化に努めている。その一環として、顧客が24時間利用可能なサービスを実現するため、これまで社内で蓄積してきた顧客からの問い合わせ対応情報を活用したFAQベースのチャット・サービス「ひめぎんチャットボット」の導入を決定した。
 愛媛銀行は2018年7月に、導入するサービス仕様を決定し、開発準備を開始した。FAQを追加することで行員の運用負担を軽減し、AIが学習することでサービスの反応速度や精度が自動的に向上するセルフサービス型のチャットボットを迅速かつ容易に構築、展開が可能なプラットフォームを求めていた。容易な開発、運用、既に同行で利用しているOracle Service Cloudとの親和性、これまでの実績による信頼感を評価し、Oracle Mobile Cloudの採用を決定した。


PAGE TOP