Home » 週刊CCMニュース » 調査・レポート・その他 » 〔2018/11/2〕豆蔵×パーソルテクノロジースタッフ、RPAの導入進捗に関する調査結果を発表

〔2018/11/2〕豆蔵×パーソルテクノロジースタッフ、RPAの導入進捗に関する調査結果を発表

 豆蔵ホールディングスの事業会社である、豆蔵(本社:東京都新宿区、中原徹也社長)は、パーソルテクノロジースタッフ(本社:東京都新宿区、礒田英嗣社長)は、RPA(Robotic Process Automation)による業務自動化の取り組みについて、首都圏362社を対象に2018年9月に導入進捗および抱える課題感に関する調査を実施し、その結果を発表した。
 調査結果は、RPAに関する企業の取り組みは、導入中は35.9%、検討中・トライアル中は27.1%、未検討は37.0%。500人規模以上の企業では、75%以上がRPAを導入・検討中で、検討~導入中の企業の86.8%が「社員がRPAを使いこなしたい」と考えているが、実際にはノウハウ、人材が不足している。RPAの導入について検討している企業は、全体の63.0%、大企業と情報システム機能会社においては75%以上となった。定型化業務の多い大企業とその情報システム機能会社が、先行してRPAに取り組んでいることが伺える。
 労働人口減少への対応や働き方改革、生産性向上を目的として、RPAの導入への注目や関心が急激に集まっている。豆蔵へのコンサルティングに関する問い合わせは前年比4.16倍、パーソルテクノロジースタッフへのRPAスキルを保有するエンジニア派遣についての問い合わせは前年比4.69倍となっている。その中で、新たにトライアルを始める企業が増加していること、以前よりトライアル・導入を行っていた企業が運用・メンテナンスフェーズに入ったことを受け、問い合わせ内容に変化が見られた。そこで、アンケートを実施し、どのような課題を抱えているのかを調査した。調査では、豆蔵が調査手法の設計とデータ分析を担当し、パーソルテクノロジースタッフが首都圏の企業を対象にアンケートを行った。


PAGE TOP