Home » 週刊CCMニュース » CRM関連ベンダー動向 » 〔2019/1/29〕ペンシル、顧客エンゲージメントを向上するCEMSを開発、第1弾はLINE配信機能

〔2019/1/29〕ペンシル、顧客エンゲージメントを向上するCEMSを開発、第1弾はLINE配信機能

 研究開発型ウェブコンサルティング事業を展開するペンシル(本社:福岡市中央区、倉橋美佳社長)は、新規顧客獲得からCRMまでを一気通貫でとらえる「CEM(Customer Engagement Management)」というアプローチのもと、顧客とのエンゲージメントを形成しLTV向上を実現していくために、第1弾としてLINE配信機能を搭載した「CEMS(Customer Engagement Management System)」を開発した。
 CEMSの第1弾機能として開発したLINE配信機能は、既存の顧客データベースとの連携が要らないためスピーディに導入でき、顧客に対して購入商品別やアンケートの回答内容別で異なったコンテンツの配信が可能。また、LINEでは一斉配信のみ可能だが、CEMSでは購入日などの起点をもとに配信シナリオを設定し、ユーザーに対して効果的にパーソナライズされたステップ配信ができる。初回設定のみで工数をかけることなくオートメーション配信ができ、ステップ配信とアンケートセグメント配信を組み合わせたシナリオ設計も可能。
 加えて、一般的にLINE配信ツールには導入コストが高額なものが多い中、CEMSは初期導入コストが低く、社内の運用体制が整っていない企業でも、運用ごとペンシルに委託できるため、テストマーケティングとしての活用にも適している。
 CEMSは、今後もFacebook MessengerなどのSNSを活用したフォロー機能の実装や、海外市場向けSMS配信機能の強化や対応国の拡大を予定している。ペンシルでは、1年間で10社のCEMS導入を目指す。


PAGE TOP