Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2019/2/1〕鹿児島県姶良市と富士通エフサス、チャットボットによる市民向けサービスの実証実験を開始

〔2019/2/1〕鹿児島県姶良市と富士通エフサス、チャットボットによる市民向けサービスの実証実験を開始

 富士通エフサスと鹿児島県姶良市は、市民の利便性向上などを図るための取り組みとして、定型的な問い合わせに対話方式で自動応答するチャットボットの実証実験を2019年2月より開始した。
 本実証実験は、チャットボットに富士通エフサスが提供しているコールセンターサービスのノウハウを実装することで、多様化する窓口業務やオフピーク時による問合わせ業務の効率化を図る。またLINEを活用することで市民サービスの利便性向上を図り、「県内一くらしやすいまちづくり」を目指すとともに、行政業務の効率化を検証していくもの。
 本実証実験の結果を踏まえ、チャットボットを活用した自動応答に求められる市民のニーズを深掘りするとともに、窓口業務におけるサービス提供範囲を拡大することで、人口減少における社会課題解決に貢献するワンストップサービスの実現に向けたソリューションを企画していく。


PAGE TOP