Home » 週刊CCMニュース » インハウスセンター動向 » 〔2019/3/7〕アフラック、コンタクトセンターでのサービス品質向上を目指し、 Salesforce Service Cloudですべてのコンタクト履歴の一元化を実現

〔2019/3/7〕アフラック、コンタクトセンターでのサービス品質向上を目指し、 Salesforce Service Cloudですべてのコンタクト履歴の一元化を実現

 セールスフォース ・ドットコム(本社:東京都千代田区、小出伸一会長兼社長)は、アフラック生命保険(以下、アフラック)が、Salesforce Service Cloudを活用し、コンタクトセンターにおいてすべてのコンタクト履歴を一元的に管理するシステムの稼動が完了したことを発表した。
 アフラックではSalesforceの提供する豊富な機能とその拡張性、グローバルなベストプラクティスや充実したサポートを評価し、2017年からService Cloudのコンタクトセンター機能を活用して、代理店コールセンター、既契約者向けコールセンター、保険金・給付金コールセンター、未加入者向けコールセンターを段階的に拡張・強化し、このたび電話応対や手続き履歴を含むすべてのコンタクト履歴の一元化が完了した。
 部門を横断して情報を共有する仕組みを構築したことで、顧客への「最適な商品やサービスのご案内」、「必要最低限のコンタクトによる手続きの完了」などが可能となり、顧客の「生きる」を創るリーディングカンパニーとして、トップレベルのコンタクトセンターの姿を実現している。
 Service Cloudをより効果的に活用するために、アフラックでは、セールスフォース ・ドットコムが無償で提供するオンライン学習プラットフォームである「Trailhead」も積極的に活用した。
 またセールスフォース ・ドットコムが提供するSalesforce Success Cloudのアドバイザリーサービスも採用するなど、ビジネス成功に向けて両社はビジネスパートナーとして協働している。
 今後はコンタクトセンターで導入しているService Cloudを、顧客向けや代理店向けサイトですでに活用しているSalesforce Community Cloudをはじめ、最新のテクノロジーや将来に渡り提供される拡張機能やサービスと連携し活用することで、顧客とのすべての接点を強化する仕組みを構築し、顧客とのエンゲージメント強化を目指す。


PAGE TOP