Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2019/4/8〕カスタマーリレーションテレマーケティング、女性のための福利厚生制度「kirari制度」を開始

〔2019/4/8〕カスタマーリレーションテレマーケティング、女性のための福利厚生制度「kirari制度」を開始

 ダイレクトマーケティングミックス(本社:大阪府大阪市、小林祐樹社長)の子会社、カスタマーリレーションテレマーケティング(本社:大阪府大阪市、植原大祐社長)は、女性従業員のさらなる活躍を目指し、女性のための福利厚生制度の一環として「kirari制度」を2019年4月8日より開始した。
 近年日本では、急速な少子高齢化や人口減少の進展による労働力不足が懸念されている。この状況の1つの打開策として、政府は2016年4月から「女性活躍推進法」を施行し、女性の職業生活における活躍を推進するための施策を行っており、今後も各企業で女性の活躍に向けた積極的な取り組みが必要とされている。
 カスタマーリレーションテレマーケティングは、最大の財産である従業員の能力を最大限に発揮できる職場環境づくりに努め、95%という高い従業員定着率を誇っている。これまでも社内に女性だけのチームをつくり、女性同士のつながりを深める取り組みや、女性リーダーの声掛けによるキャリアアップ支援を実施してきた。こうした取り組みにより、離職率が10%改善したほか、女性管理職の割合が全体の1.5倍に増加し、また2017年2月には大阪市が認証する「女性活躍リーディングカンパニー」において、認定企業の中でも評価の高い「二つ星企業」の認証を獲得した。
 この度開始するkirairi制度は、さらなる女性従業員の活躍を支援するための制度。これまで実施してきた美容費の支給に加え、女性社員同士のランチ会や交流会、会員サイトの運営、各ポジションの先輩社員による勉強会の実施など、より一層働きやすく、活躍できる職場づくりを行う。また今後も制度の拡充や、正社員以外の従業員も利用できる制度を検討しており、1人ひとりが活躍できる職場を目指す。


PAGE TOP