Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2019/7/1〕パーソルワークスデザイン、事業規模拡大に伴い佐世保アウトソーシングセンターを増設

〔2019/7/1〕パーソルワークスデザイン、事業規模拡大に伴い佐世保アウトソーシングセンターを増設

 パーソルワークスデザイン(本社:東京都豊島区、平林由義社長)は、佐世保アウトソーシングセンター(以下、佐世保OSC)において、長崎県佐世保市の同ビル内に新たに66席を増設し、計178席での運用を開始、ヘルプデスク/コールセンター事業を強化すると発表した。
 同社は、ヘルプデスク/コールセンター事業の拡大に伴い、2017年、佐世保市に佐世保OSCを開設した。佐世保OSCでは、自治体を中心にIT関連ヘルプデスク、RPOなどのコンタクトセンター事業を展開していたが、現在、その他の分野における受注が増加し、既存のオフィス(112席)が満床となったことから、2019年7月1日に同ビル3階に新たに約52坪(66席)の増床を決定した。
 今回の投資により、既存のヘルプデスクなどの業務に加え、引き続き需要が高まる自治体のサポートやさまざまなニアショアのニーズに柔軟に対応し、これまで同様顧客の立場に立ったサービスを継続しながら事業を拡大していく。


PAGE TOP