Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2019/7/3〕ジェイエムエス・ユナイテッド、コンタクトセンター向け音声テキスト化サービス「AI VOCオプション」を提供開始

〔2019/7/3〕ジェイエムエス・ユナイテッド、コンタクトセンター向け音声テキスト化サービス「AI VOCオプション」を提供開始

 ジェイエムエス・ユナイテッド(本社:東京都品川区、秋庭孝俊社長)は、同社が提供するクラウド型コールセンターシステム「InfiniTalk」に、AIを活用しセキュリティが確保されたクラウド環境下で通話録音データをテキスト化するサービス「AI VOCオプション」の提供を開始した。価格は、初期費用が1万円 月額利用料5000円から。
 顧客からのさまざまな問い合わせに対応するコールセンターにおいて、応対品質の維持向上には、膨大な通話録音データの活用が必要となるが、通話録音の聞き直しや分析にかかる時間と手間が課題になっている。
 本サービスを利用することで、通話録音データを自動でテキストデータに変換することにより、これらの課題を解決する。テキスト化することで、目視によるモニタリングや分析が可能になり業務を効率化できるほか、検索や共有、CRMシステムや分析ツールと連携したデータの利活用も可能になるため、オペレーター間でのノウハウ共有やスキルアップなどによる生産性向上、およびコールセンターにおける顧客満足の向上などのさまざまな目的に活用することができる。


PAGE TOP