Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2019/8/7〕スマートウィル、AIによる接客トーク解析・診断サービスの販売代理店募集を開始

〔2019/8/7〕スマートウィル、AIによる接客トーク解析・診断サービスの販売代理店募集を開始

 CRM戦略を基軸としたコンサルティング事業を行うスマートウィル(本社:東京都港区、坂本雅志社長)は、2019年7月より提供をしている新ソリューション「AIスマートトーク」の本格展開に向けて、販売代理店制度を新設し、募集を開始した。
 AIスマートトークは、認知バイアスを取り除くためのソフトウェアを開発するコグニティ(本社:東京都品川区、河野理愛社長)と開発した販売スタッフの接客スキル向上を支援するトーク診断サービス。録音した顧客との会話を独自のAIフレームワークやデータ解析技術を使って解析することで、販売スタッフのトークの特徴や成績が良い人との違いや改善ポイントなどがわかり、接客改善、販売成績向上につながる。
 本サービスは音声認識、スクリーニング技術、AI解析など先端テクノロジーを活用し、「ハイパフォーマーモデル構築パッケージ」、「個別解析レポートサービス」、「継続ログサービス(予定)」の3ステップでサービスを提供する。外資系大手ラグジュアリーブランドおよび国内大手紳士服ブランドなどアパレル業界での展開に加えて、他業界においてもAIによるトーク解析・診断のアルゴリズム構築を積極的に推進している。


PAGE TOP