Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2020/1/7〕NTTドコモとNTTデータ、電話応対の自動化で連携

〔2020/1/7〕NTTドコモとNTTデータ、電話応対の自動化で連携

 NTTドコモとNTTデータは、電話応対業務の自動化ソリューションの提供に向けて、連携協定を締結した。2020年初旬から実業務における有用性を検証し、2020年4月以降に企業や自治体にサービスを提供する。
 NTTドコモは、対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI」とAWS上にコールセンターを構築できる「Amazon Connect」を組み合わせて開発された「AIによる電話応対技術」(以下、AI電話応対)を提供する。
 AI電話応対とNTTデータのRPAツール「WinActor」を連動させ、パソコン操作を含めた電話業務をAIがまとめて代行するソリューションの提供を目指す。
 実証実験では、NTTデータの税務申告ソリューションの利用料金案内のほか、外部のパートナー企業や自治体の協力を得て、配達時の在宅確認、社内ヘルプデスク対応、ひとり暮らしの高齢者への安否確認といった業務における有用性を検証する。


PAGE TOP