Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2020/3/16〕日立コンサルティングとSpontena、チャットボット分野で資本業務提携

〔2020/3/16〕日立コンサルティングとSpontena、チャットボット分野で資本業務提携

 日立コンサルティング(本社:東京都千代田区、八尋俊英社長)と博報堂グループの Spontena(本社:東京都港区、大堂充久社長)は、資本業務提携契約を締結した。日立コンサルティングが、Spontenaの行う第三者割当による新株式の発行に応じ、同社が発行する株式の9.1%を保有することとなる。本契約の締結により、今後、日立コンサルティングの展開するデジタルコンサルティングサービスと、Spontenaの持つチャットボット技術とのシナジーにより、高品質なユーザ体験を実現する新たなデジタルサービス事業の創出に取り組んでいく。
 Spontenaは、人手不足やコスト削減などの顧客課題をチャットボットの活用で解決するサービスを提供。独自の自然言語処理エンジンをはじめ、会話サービス開発に必要な自然言語処理技術をさまざま扱っている。
 日立コンサルティングでは、働き方の質の改善につながる会話型インターフェイス活用の事例として、2018年から、RPA活用ノウハウとSpontenaのチャットボット技術を掛け合わせた会話型アプリを用いて、勤休管理システムや経費精算システムの社内運用を段階的に実施し、その有用性を検証してきた。
 今回は、社会や企業の多方面において、社会課題の解決や業務の効率化につながるデジタルサービスの創出を目的に、両社の関係をさらに深めるため、資本業務提携を行った。この提携により両社は、相互の顧客へのサービス提供における連携を推進するとともに、人財交流を積極的に行い、両社の強みを生かしたデジタルサービスの開発・提供を進めていく考えだ。日立コンサルティングでは、サービス展開例として、次世代型コンタクトセンター向けサービスを挙げている。


PAGE TOP