Home » 週刊CCMニュース » CRM関連ベンダー動向 » 〔2020/3/17〕ストックマーク、LINEトークをAI分析し、顧客最適アプローチの概念実証実験を開始

〔2020/3/17〕ストックマーク、LINEトークをAI分析し、顧客最適アプローチの概念実証実験を開始

 ビジネス意思決定を支援するサービス開発・運営のストックマーク(本社:東京都港区、林達社長)は、AIを活用した営業提案手法の開発とCRMシステム構築でPoC(Proof of Concept)=概念実証実験=を始めると発表した。LINEのトークを最先端の自然言語処理技術で分析し、顧客が満足する最適な提案を自動でつくり出すことを目指す。
 実験には、LINEとつながる唯一のビジネスチャット「LINE WORKS」を提供しているワークスモバイルジャパン、2017年2月からLINE WORKSを使って約22万件のトークを蓄積した不動産業のオープンハウス、クラウド型CRM「Salesforce」を提供するセールスフォース・ドットコム、Salesforceを軸にクラウドソリューションを展開するサンブリッジの4社が協力する。
 ストックマークは東大発ベンチャーで、最先端の文章読解技法「BERT」を搭載した営業支援プラットフォーム「Asales」を提供中。実験では、オープンハウスの営業担当者と顧客のLINEトークを、個人が特定できない形でAsalesが分析する。CRMに集約した不動産成約事例や自社サイトの行動履歴なども分析する。
 LINEトークと販売成績と紐づけたAI学習で成約につながるアプローチを分類し、販売成績上位の営業担当者に共通するコミュニケーションを可視化。最適トークやアプローチのタイミングを営業担当者に推奨する。「いつ」「誰に」「何を」アプローチすればいいかをAIが自動で提案することで、機会損失を防止する。 


PAGE TOP