Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2020/5/11〕コトバデザイン、対話AI実行環境「COTOBA Agent」サービスを提供開始

〔2020/5/11〕コトバデザイン、対話AI実行環境「COTOBA Agent」サービスを提供開始

 コトバデザイン(本社:東京都渋谷区、栄藤稔社長)は、対話AI実行環境「COTOBA Agent」の正式サービスを法人向けに提供開始し、申込み受付も開始した。
 本サービスは目的別にシナリオを作成することで、シナリオに沿ったユーザーとの自然な対話が実現可能。産業分野における音声アシスタント、コンタクトセンターにおける一次対応、企業・自治体の窓口業務の自動化、ロボットやMaaSへの応用など、多様な用途の対話エージェント開発が可能になる。対話AIが広く既存のサービスや装置に付加されれば、これまでに無い新たな顧客価値が生まれるだろう。
 COTOBA Agentは産業分野向け対話AI実行環境。これまでになく高い自由度と運用の容易さを両立させたクラウドAPIサービスで、自由なシナリオ作成、カスタマイズ可能な意図解釈モデル、充実した開発支援ツールや運用支援ツール、と言った他にない特徴を備えている。また、コアには先に公開されたOSSと同じエンジンが用いられ、高い透明性が確保されるだけでなく、共通のエンジンゆえにクラウドサービスとOSSベースのローカル環境との間に高いポータビリティが確保される点もユニーク。


PAGE TOP