Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2020/5/11〕ランサーズ、「ランサーズアシスタント 電話代行サービス」を提供開始

〔2020/5/11〕ランサーズ、「ランサーズアシスタント 電話代行サービス」を提供開始

 ランサーズは、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴ったテレワークの急速な拡大を受け、「ランサーズアシスタント 電話代行サービス」の提供を開始した。フリーランスチームが、企業にかかってきた電話の取次ぎを代行することで、電話対応のために出社するといったテレワーク推進を妨げる大きな要因を取り除き、企業のテレワーク推進と社外人材を活用し経営を効率化する「スマート経営」を推進していく。
 日本経済団体連合会によると、テレワーク・在宅勤務を実施している会員企業は2月末から4月で68.6%から97.8%へと増加。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴いテレワークが急速に拡大してる。一方で、電話対応のために出社を余儀なくされる社員がいることがテレワーク推進を妨げる大きな要因となっており、出社している社員に電話対応が集中してしまうという弊害も起きている。こういった課題を受けて、ランサーズでは人手不足に困っている企業を在宅フリーランスチームが支援するオンラインアシスタントサービス「Lancers Assistant」にて、「電話代行サービス」を開始する。
 ランサーズアシスタント 電話代行サービスとは、専門フリーランスチームがオンラインで企業にかかってきた電話を取り次ぐサービス。基本料金5000円、1件あたり100円の従量課金制で最大対応コール件数に上限はない。希望のコミュニケーションツールにて入電を知らせる。


PAGE TOP