Home » 週刊CCMニュース » CRM関連ベンダー動向 » 〔2020/7/29〕アドビ、CXM基盤「Adobe Experience Platform」を提供開始

〔2020/7/29〕アドビ、CXM基盤「Adobe Experience Platform」を提供開始

 アドビ(本社:東京都品川区、ジェームズ マクリディ社長)は、顧客体験管理(Customer Experience Management、以下 CXM)のためのプラットフォーム「Adobe Experience Platform」の国内での提供開始を発表した。
 Adobe Experience Platformは、顧客プロファイルなど顧客体験管理に必要なデータの統合管理から顧客とのコミュニケーションにつなげるアクティベーションまでを一貫して提供する、データガバナンス機能を搭載した業界初となるCXMプラットフォーム。
 企業は、アドビの人工知能(AI)とマシンラーニングのフレームワークAdobe Senseiを活用することで、リアルタイムの顧客プロファイル構築を実現するとともに顧客のプライバシーに配慮しながら、パーソナライズされたコンテンツを適切なタイミングで提供することができるようになる。また、これにあわせて、Adobe Experience Platformで稼働するアプリケーションサービス「Real-time CDP」、「Customer Journey Analytics」および「Journey Orchestration」も提供を開始する。


PAGE TOP