Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2020/7/30〕バルテック、業界初、テレワークでも顧客データを流出させないCTIシステムのサービスを提供開始

〔2020/7/30〕バルテック、業界初、テレワークでも顧客データを流出させないCTIシステムのサービスを提供開始

 バルテック(本社:東京都新宿区、吉江秀馨社長)は、テレワークにおけるセキュリティの確立を目的とした、顧客データを流出させないCTIシステムの提供を開始した。
 クラウドPBX「MOT/TEL」は、テレワーク中の自宅でも会社の電話番号で発着信ができるクラウド型ビジネスフォンシステム。使用中の会社番号(0ABJ番号)をそのまま継続して利用することができる。ビジネスフォンの機能(内線・保留・転送・代表番号発信など)をスマートフォンやパソコンで実現可能。勤怠管理、ビジネスチャット、通話録音などの多様な機能を利用できるサービス。「VALTEC SWAN」は、自宅や外出先からでも、安全に社内のPC、共有サーバにアクセスできるシステム。高度なセキュリティ設定で、安全かつ快適なリモートワークの実現が可能。社外から社内のパソコンにアクセスし、起動、操作できるリモートデスクトップほか、端末への保存、印刷・画面コピーなどを禁止でき、かつオフィス勤務と同様の業務をテレワークで続けることができるので、情報漏えいの防止と業務幅の増加を同時に実現できるサービス。
 コロナ渦において、テレワークのニーズが増えている昨今、政府からもテレワークや時差出勤などの再徹底を求める考えが発表されたことも踏まえ、テレワークに向けた取り組みは今後加速化していくことが予想される。社員の在宅勤務化や、コールセンターの在宅化など、導入例も多様化。テレワークを導入・運用するにあたっては、事業やデータ、社員を守るためにも、最適なセキュリティ対策をとることが必須となる一方で、実際にテレワークの導入を考える際、企業が抱える問題として、セキュリティに関する課題点が多く挙げられる。
 テレワークの導入には、情報漏えいの防止や、データの持ち出しリスクなど、さまざまな観点からセキュリティ対策を講じることが不可欠。同社のCTIシステムは、これらのセキュリティ面に対する不安を解決。ウイルス感染やパソコンの盗難による情報流出のリスクを防止することができる。


PAGE TOP