Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2017/5/9〕野村総合研究所、AIソリューション「TRAINA/トレイナ」が窓口業務のチャット対応力を強化しオペレーターのハンズフリー化を実現

〔2017/5/9〕野村総合研究所、AIソリューション「TRAINA/トレイナ」が窓口業務のチャット対応力を強化しオペレーターのハンズフリー化を実現

 野村総合研究所は、コンタクトセンターを含む窓口業務向けに開発した人工知能(AI)ソリューション「TRAINA/トレイナ」(以下「TRAINA」)の機能を拡張し、2017年7月に提供を開始する予定。
 具体的には、「LINE」(LINEが公開するMessaging APIを使用)と「Smart M-TALK」を、TRAINAの無人接客(チャットボット)サービスに連携する。また、音声認識機能の搭載により、TRAINAが顧客とオペレーターとの会話内容を音声から理解し、オペレーターが回答または聞き返し(追加質問)する内容を自動で提示する。


PAGE TOP