Home » 週刊CCMニュース » CRM関連ベンダー動向 » 〔2017/8/4〕RIZAPグループ、セールスフォース・ドットコムと連携し新CRMプラットフォームを本格導入

〔2017/8/4〕RIZAPグループ、セールスフォース・ドットコムと連携し新CRMプラットフォームを本格導入

 RIZAPグループ(本社:東京都新宿区、瀬戸健社長)は、セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、小出伸一会長兼社長)と連携し、2017年9月より子会社であるRIZAPで運営するプライベートジム「RIZAP」にて順次、新CRMプラットフォームを本格導入することを発表した。
 具体的には、顧客の身体の変化や食事、サプリメントの利用、トレーニング内容などすべての情報を一元集約する。RIZAPおよびRIZAPグループ全体の財産として管理・運用していくことで、過去の成功事例をもとに、あらゆるタイプの方々に対応できるボディメイクの成功パターンを創出し、常にすべての顧客が満足できる最高水準のサービスを提供する。同時に、トレーナーの業務を記録し、効率化を図っていくことで、顧客に向き合う時間を増やし、「寄り添い」の強化と質の高いサービスを提供し、収益拡大とNPS(ネット・プロモーター・スコアの略、顧客ロイヤルティの意)の向上につながる。
 また、コールセンターから店舗、営業サポートに至るまで、RIZAP全体が一気通貫で情報を管理・共有することで、顧客を中心とした、チームでの接客・サービスをより高いレベルで実現していく。さらに、IoTデバイス、スマートフォンと連動することで、常に顧客に寄り添い、サポートできる環境にする。顧客の生活とRIZAPの距離がより密接になることで、常に変化する顧客のニーズや状態に合わせた提案が可能となり、顧客にとってより「心地のいい」サービスと生活の提供を実現する。


PAGE TOP