Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2017/9/8〕日本アバイア、ネクストジェンと「Software Resale Agreement」を締結

〔2017/9/8〕日本アバイア、ネクストジェンと「Software Resale Agreement」を締結

 日本アバイア(本社:東京都港区、和智英樹社長)と次世代通信網のコントロールシステム開発を手掛けるネクストジェン(本社:東京都港区、大西新二社長)は、2017年8月28日に「Software Resale Agreement(ソフトウェア再販売契約)」を締結したことを発表した。
 本契約により、日本アバイアは、ネクストジェンのマルチキャリアに対応したエンタープライズ向けVoIPソリューション群「VOICEMARK」に含まれる「NX-B5000 for Enterprise」を、日本アバイアの「Avaya Aura 7」と共に、パートナー企業経由で販売開始する。
 NX-B5000 for Enterpriseは、企業LAN側にあるIP-PBXを通信事業者が要求するSIPプロトコルの接続仕様に変換して接続することを可能とする、エンタープライズ向けSBC。さらに、NX-B5000 for Enterprise搭載のサーバ1台で、44 PRI相当分の回線を収容できることも大きな特徴。そのほか、IP電話事業者間を相互接続する際のSIP信号のメッセージフォーマットの差分を吸収したり、メーカーの独自仕様で作られた多種多様なSIPサーバ製品を接続する際のSIPプロトコルを変換したり、インターネットを介して伝送されるVoIPに対して、セキュリティを保証するなど、VoIPサービスの境界線を制御する機能を備えている。


PAGE TOP