Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2017/10/4]ソフトバンク、IBM Watsonを活用した業務支援ソリューション「CloudAI チャットボット」と「Third AIコンタクトセンターソリューション」を販売開始

〔2017/10/4]ソフトバンク、IBM Watsonを活用した業務支援ソリューション「CloudAI チャットボット」と「Third AIコンタクトセンターソリューション」を販売開始

 ソフトバンクは、IBM Watson日本語版を活用して企業の業務を支援する、「CloudAI チャットボット」と「Third AI コンタクトセンターソリューション」の販売を開始した。
 ソフトバンクは、IBM Watsonを活用して企業の業務効率化を支援するパッケージ型のソリューションを、現在12種類販売している。パッケージ型のソリューションは、自社開発に比べて低価格かつ迅速に導入できるメリットがある。各ソリューションは、IBM Watsonのエコシステムパートナー各社がそれぞれの強みを生かして開発している。ソフトバンクでは、顧客からの問い合わせ対応や接客・受付支援など、さまざまな業務に対応するラインアップを揃えている。
 CloudAI チャットボットはさまざまなシステムと連携できるチャットボットサービス。IBM WatsonのAPIであるNLC(Natural Language Classifier、自然言語分類)を活用して、FAQに加え基幹・情報系システムや社内システムなどのさまざまなシステムから、最適な回答を提示する。
 Third AI コンタクトセンターソリューションは、日本サード・パーティの開発で、LINEが提供する法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」に対応したチャットボットサービス。IBM WatsonのAPIであるConversation(会話)を活用することで、質問を聞き返すなど複雑な会話を実現する。 


PAGE TOP