Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2017/11/8〕トランスコスモス、独自のAI・機械学習体験型トレーニングカリキュラムを開発

〔2017/11/8〕トランスコスモス、独自のAI・機械学習体験型トレーニングカリキュラムを開発

 トランスコスモスと調査・分析専門の関連会社であるトランスコスモス・アナリティクス(本社:東京都渋谷区、河野洋一社長)は、自社内におけるデータサイエンス人材100人育成プロジェクトや、お客様企業におけるAI・機械学習活用推進支援の経験・ノウハウに基づき、独自の体験型トレーニングカリキュラム「データサイエンス・エクスペリエンスプログラム」を開発した。
 AIの基礎知識や学習用データ生成方法の研修から始まり、機械学習の自動化プラットフォーム「DataRobot」を用いてお客様企業内の実データを活用した機械学習の実践体験を提供することで、お客様企業におけるデータサイエンスのスタートアップと人材育成を支援し「DataRobot」の活用・販売を加速させていく。
 トランスコスモスでは、今春より世界最先端の機械学習の自動化・AIプラットフォーム「DataRobot」を全社導入し、少数のいわゆるデータサイエンティストだけではなく、あらゆる業務現場でAI・機械学習を有効活用する「機械学習の民主化」の実現に向けて、全国から選抜した社員にDataRobotを使いこなすための専門研修を行い、データサイエンス人材を100人育成するための取り組みを推進している。具体的には、トランスコスモスが運営する通販ブランド「日本直販」におけるダイレクトメール/カタログ配信にDataRobotを活用し、売上150%増、ターゲットリスト作成業務工数50%カットなどの成果をあげたほか、コンタクトセンターの受信量予測や採用活動の書類先行に機械学習を用いるなど、機械学習の現場実装に向けた取り組みを加速させている。
 また、DataRobot Japanのリセールパートナーとして、お客様企業における「機械学習の民主化」を支援するサービスの提供も展開している。導入企業の1社であるLIFULLでは、不動産会社が取り扱っている物件の「地域」「間取り」「写真掲載有無など」「賃料」などから、物件の問い合わせ発生確率やキャンペーン効果を機械学習で予測する統計モデルをDataRobotで構築し、不動産会社向けにデータに基づくコンサルティングを行い「LIFULL HOME’S」を利用したプロモーションを提案する取り組みを行っている。DataRobotの導入により、従来は約1カ月かかっていたモデル構築業務が1週間程度まで工数を削減できただけでなく、既存モデルよりも高い精度の予測モデルを作成することが可能になった。


PAGE TOP