Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2017/11/8〕富士通、企業と顧客の接点にAIを活用して新たな価値を創出する顧客接点高度化ソリューション「CHORDSHIP」を販売開始

〔2017/11/8〕富士通、企業と顧客の接点にAIを活用して新たな価値を創出する顧客接点高度化ソリューション「CHORDSHIP」を販売開始

 富士通は、企業と顧客の接点を高度化するソリューションを「Customer Engagement Solution」として新たに体系化し、第1弾として、コンタクトセンターを中心に顧客接点の高度化を実現する「FUJITSU Business Application CHORDSHIP powered by Zinrai」(以下、「CHORDSHIP」)の販売を開始した。
 CHORDSHIPは、富士通のAI技術「Human Centric AI Zinrai」(以下、「Zinrai」)を活用した高精度な応対が可能なチャットボット「FUJITSU Business Application CHORDSHIP Digital Agent」(以下、「Digital Agent」)を、導入構築コンサルティングサービス、稼働後の運用支援サービスと組み合わせて提供し、カスタマーエクスペリエンス(顧客の体験価値)およびコンタクトセンターの業務生産性の向上に貢献する。
 Digital AgentはSaaSとして提供され、コンタクトセンターにチャットで寄せられる問い合わせに対して、同社のAI技術「Zinrai」を組み込んだチャットボットが言葉の揺らぎや類義語などを認識し、問い合わせの内容を高い精度で絞り込みながら企業内に蓄積された問い合わせ対応のナレッジやFAQから関連する情報を抽出し、的確に回答する。事前に膨大な教師データを学習させなくても、企業が保有している既存のデータのみで高い正答率を実現できるため、スムーズにコンタクトセンター業務の自動化を図ることができる。
 なお、本ソリューションは、家事代行マッチングサービスを行うタスカジ、川崎フロンターレの新たなコミュニケーションチャネルとして11月上旬より順次運用を開始する予定。また、信販会社最大手であるオリエントコーポレーションでは、実証実験を完了し、本格導入に向けた検討を進めている。


PAGE TOP