Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2017/11/27〕コムデザイン、インゲージのクラウドサービス「Re:lation 」と「CT-e1/SaaS」の連携機能を提供開始

〔2017/11/27〕コムデザイン、インゲージのクラウドサービス「Re:lation 」と「CT-e1/SaaS」の連携機能を提供開始

 コムデザイン(本社:東京都千代田区、寺尾憲二社長)は、インゲージ(本社:大阪府大阪市、和田哲也社長)が提供するクラウドサービス「Re:lation」との連携機能の提供を開始すると発表した。
 インゲージの提供するRe:lationは、企業が行う問い合わせ対応業務において、対応漏れ・ミスを「ゼロ」にするクラウドサービス。「対応済か否かを一目で判別」「二重対応をブロック」「送信事故を防止する」機能などに加え、LINEやfacebookメッセンジャーのように個々のメール相手とのやりとりを「タイムライン」で表示する機能や、KDDIが提供するezwebメールとしてメールを送受信する携帯メールオプションなど数々の機能により「ひとりひとりの顧客に向き合える」対応ツール。
 コンタクトセンターでの「問い合わせ対応」業務においては、どの顧客にどのような対応を過去に行ったかを即座に知ることが求められる。そこで、同社クラウドCTIサービス「CT-e1/SaaS」との連携機能を利用することにより、顧客からの受電時に、かかってきた電話番号を元に自動的にRe:lation内に記録された問い合わせ対応履歴を表示が可能になった。


PAGE TOP