Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2017/11/28〕ユニファイドコミュニケーションズ、クラウド型コールセンターサービスを提供開始

〔2017/11/28〕ユニファイドコミュニケーションズ、クラウド型コールセンターサービスを提供開始

 ユニファイドコミュニケーションズ(本社:東京都港区、大田保紀社長)は2017年10月にリリースしたクラウド型IP-PBX「Llamame オフィス」に引き続き、同社のコールセンターシステムをクラウド型コールセンターサービス「Llamame コールセンター」として提供開始を開始した。Llamame(ジャマメ)は、スペイン語で電話してくださいの意。
 Llamame オフィスと同様、IP-PBX部分にはUC Server-Pを採用。またCTIサーバ部分にはUC Server-P CC/CTIパッケージ、CTIクライアント用ミドルウェアおよびソフトフォンには多くの実績のあるTelephony Xを採用している。クラウド型のサービスとして提供するため、期間や キャンペーン毎に動的に人員や組織が変更となっても、無駄なく、必要なだけのコストで利用できる。
 価格は、最小構成での初期費用が28万500円から(ゲートウェイ、導入設定費用込み、電話機代は含まず)で電話回線はユーザー側での用意となる。月額利用料は、基本サービスが1席1万5000から。


PAGE TOP