Home » 週刊CCMニュース » CRM関連ベンダー動向 » 〔2017/11/28〕千趣会、ブライダル会員との継続的なリレーションシップ構築に、統合型CRMソリューションを採用

〔2017/11/28〕千趣会、ブライダル会員との継続的なリレーションシップ構築に、統合型CRMソリューションを採用

 フュートレック(本社:大阪市淀川区、浦川康孝社長)が開発・提供する統合型CRMソリューション「Visionary」が、通信販売会社大手の千趣会が運営するブライダル会員サービス「WithPassport」に、導入されたことを発表した。
 WithPassportは、会員に「レストラン・カフェ」「家具・インテリア」「マタニティ・ベビー・キッズ」「コスメ・ファッション」などの利用割引、挙式準備のための情報、挙式後の暮らしにちょっと役立つコンテンツなどを提供する入会費・年会費無料のサービス。千趣会グループの式場で挙式・披露宴を挙げられた顧客が会員の対象となる。
 千趣会は、WithPassport会員の管理・運用の効率化とマーケティング強化のために、フュートレックの統合型CRMソリューションのVisionaryの採用を決定した。
 Visionaryの導入により、記念日に利用できるクーポンやレストランの案内、お役立ちコンテンツのメール配信サービス、会員からの問い合わせ管理まで可能となり、WithPassportを通したマーケティング活動の分析から分析結果の反映まで、マーケティングのPDCAを効果的に実行できる。


PAGE TOP