Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2017/12/19〕TIS、AIを活用したSaaS型の業務チャットボット作成サービス「DialogPlay」正式版を提供開始

〔2017/12/19〕TIS、AIを活用したSaaS型の業務チャットボット作成サービス「DialogPlay」正式版を提供開始

 TISは、独自開発のAI技術を活用した業務チャットボット作成サービス「DialogPlay」の正式版の提供を開始した。
 DialogPlayは、コールセンターやBPOのオペレーター業務、セールス/アフターサービスの問い合わせや情報提供などの業務に活用できるチャットボットを簡単に作成・運用できる、法人向けのSaaS型プラットフォーム。
 企業の問い合わせ窓口として人間に代わって対話できるチャットボットの対話シナリオの作成やメンテナンスが、機械学習技術や自然言語処理などの専門知識のない担当者でも、簡単な操作・手順で行える。
 2017年5月からベータ版を提供し、のべ250社を超える法人企業の試行利用によるフィードバックを得て、機能追加と料金設定を行い、正式版サービス開始となった。
 正式版では、企業の業務におけるチャットボット活用を促進するため、ベータ版で提供していた機能に加え、要望の多かったチャットボットの再学習機能やセキュリティ面の管理機能(接続IP制限)を追加した。
 料金は、「LITEプラン」が月額5万円(1万メッセージまで)、「STANDARDプラン」が月額8万円(5万メッセージまで)、「ADVANCEプラン」が月額15万円(10万メッセージまで)。メッセージ上限超過分の料金は1件0.5円。また、STANDARDプラン同等の機能を30日間無料で試用できる「TRIALプラン」も用意される。


PAGE TOP