Home » 週刊CCMニュース » インハウスセンター動向 » 〔2018/4/9〕三菱UFJモルガン・スタンレー証券、コールセンターで画面共有ソリューションを導入

〔2018/4/9〕三菱UFJモルガン・スタンレー証券、コールセンターで画面共有ソリューションを導入

 インターコム(本社:東京都台東区、松原由高社長)は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券に、非対面チャネルの強化を実現するクラウド型画面共有ソリューション「RemoteOperator Enterprise」 を導入した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券はインターネットトレードサービスの利用者に対して、RemoteOperator Enterpriseを活用した新しい画面共有サポートサービスの提供を開始した。
 今回、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、同社のインターネットトレードやインターネットでの口座開設における操作案内の向上を目的として、RemoteOperator Enterpriseを採用した。
 証券会社が提供するインターネットトレードサービスは、顧客のニーズに応じて高機能化が進んでおり、それに呼応して、コミュニケーションを通じた操作方法のご案内などテクニカルサポートの重要性も高まっている。“非対面チャネルのコミュニケーション強化” という課題に対し、本ソリューションが提供する “画面共有機能” の有用性がますます高まっている。


PAGE TOP