Home » 週刊CCMニュース » コンタクトセンター関連ベンダー動向 » 〔2018/5/10〕ジェネシス、2017年以来、700社がジェネシスを採用し顧客体験の変革を推進

〔2018/5/10〕ジェネシス、2017年以来、700社がジェネシスを採用し顧客体験の変革を推進

 ジェネシスは、PBX中心のレガシーなコンタクトセンターシステムからジェネシス・カスタマーエクスペリエンス・プラットフォームへの移行が2017年の提供開始から700社を超え、さらに市場シェアが拡大したことを、ナッシュビルで開催されているカスタマーエクスペリエンス・カンファレンス“CX18”において発表する。
 ジェネシスのユーザー企業は、最も価値が高いグローバルブランドの65%に達し、すべてのマーケットセグメントや地域において、昨年だけでも数百もの業界リーダー企業にジェネシスのソリューションは採用された。AFFINBANK、Atos、BAC Credomatic、Cleartrip、Coca-Cola,、Heineken、ノーリツ、Westpac New Zealandといった企業が、昨年、新たにジェネシスを採用した。
 PBX中心の旧型のシステムからジェネシスへのリプレースは勢いが止まることなく、リプレースの3分の2が直近の6カ月に発生している。 ジェネシスは、2018年の第1四半期だけでも、毎日平均で少なくとも1件の契約を完了し、マーケティング、セールス、サービス全体にわたって、非常に予測性が高く、完全なコンテキストを提供し、効率的なカスタマーエクスペリエンスを実現する革新的なソリューションへの移行を支援した。
 ジェネシスは、PBXを中心としたレガシーシステムからの移行先となっているが、特にAvayaからの移行が顕著になっている。直近の5四半期だけで360社がAvayaからジェネシスにリプレースし、今年に入ってからはそのペースが倍増している。その結果、ジェネシスの新規ユーザーの75%はAvayaもしくはCiscoからの乗り換えであった。


PAGE TOP