Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2018/7/31〕ベルシステム24ホールディングス、下川町、久遠チョコレート、「SDGsの推進と持続可能な地域づくりに関する連携協定」を締結

〔2018/7/31〕ベルシステム24ホールディングス、下川町、久遠チョコレート、「SDGsの推進と持続可能な地域づくりに関する連携協定」を締結

 ベルシステム24ホールディングス、久遠チョコレート(運営:一般社団法人ラ・バルカグループ、本社:愛知県豊橋市)、下川町(北海道上川郡下川町)は、7月31日に札幌市内のホテルにおいて、「SDGsの推進と持続可能な地域づくりに関する連携協定」の締結式を執り行い、ソーシャル・イノベーションやフェアトレードを通じたSDGs(持続可能な開発目標)の推進と持続可能な地域社会の実現にむけて連携を図ることに合意した。
 下川町は、2017年12月に「平成29年度第1回ジャパンSDGsアワード」の本部長(内閣総理大臣)賞を受賞し、2018年6月には「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」の選定を受けるなど、地方自治体におけるSDGsに関する先進的な取組みが高く評価されている。
 下川町は今後、ベルシステム24ホールディングスおよび久遠チョコレートと連携し、廃校を利用して障害者雇用のできるチョコレート製造事業に取り組み、官民パートナーシップによるSDGsの推進と持続可能な地域づくりのモデル事例を創出する。なお、商品の一部はフェアトレードによる原料調達を実施し、世界のSDGs達成にも貢献する。
 ベルシステム24ホールディングスは、社員が、チョコレート工場に勤務、製造を行う。製造されたチョコレートは、同社の来客者、顧客、従業員向けに提供を予定する。一般社団法人ラ・バルカグループは、久遠チョコレートのブランドをもとにした事業コンテンツと障害者雇用等ノウハウを提供する。北海道下川町は、SDGsパートナーシップの実践の場としてチョコレート製造拠点を整備する。


PAGE TOP