Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2018/10/1〕Jetrunテクノロジ、問い合わせ対応AIチャットボットを富士通コミュニケーションサービスと共同開発

〔2018/10/1〕Jetrunテクノロジ、問い合わせ対応AIチャットボットを富士通コミュニケーションサービスと共同開発

 Jetrunテクノロジ(本社:東京都港区、野武浩社長)は、富士通コミュニケーションサービス(本社:神奈川県横浜市、乙黒淳社長)と連携し、ソースネクスト(本社:東京都港区、松田憲幸社長)が提供する「POCKETALK(ポケトーク) W」の製品サポートとして、9月7日より自然対話AIプラットフォーム「STEER AI」の提供を開始した。
 Jetrunテクノロジが提供する自然言語処理を用いた自然対話AIプラットフォーム「STEER AI」と富士通コミュニケーションサービスのコンタクトセンター運用ノウハウやAI活用技術を融合することで、POCKETALK(ポケトーク) Wの製品問い合わせページへアクセスしたユーザーに対して、AIボットから能動的に関連する情報をレコメンドすることが可能となる。また、特長としては日本語では困難とされていた曖昧な表現からでも回答を導き出し、AIボットとユーザーとの対話を成立させ、オペレーターの代替となる24時間365日対応サービスを実現する。
 このたびの連携によって、オペレーションコストの削減や効率化だけでなく、対話を分析して得られた情報をもとに、企業とユーザーとの新たな接点を獲得し、顧客満足度の更なる向上を目指す。


PAGE TOP