Home » 週刊CCMニュース » CRM関連ベンダー動向 » 〔2018/11/29〕三井情報、自然言語処理技術を備えたFRONTEOのAIエンジン「KIBIT」を販売開始

〔2018/11/29〕三井情報、自然言語処理技術を備えたFRONTEOのAIエンジン「KIBIT」を販売開始

 三井情報(以下、MKI)とFRONTEO(本社:東京都港区、守本正宏社長)は販売店契約を締結した。MKIは金融機関を中心に、FRONTEOが独自開発した日本発の人工知能エンジン「KIBIT」の販売活動を展開していく。
 近年金融機関は、金融行政方針におけるフィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)の実現に向けた顧客対応に関する内部管理態勢の確立を求められている。金融機関では従前より金融商品販売時の応接記録やコールセンターにおける顧客応対模様の音声記録などの確認作業を「人のみ」で実施してきたが、件数が多いためすべてを網羅的に確認することが難しく、また担当者により判断のブレが発生するなどの課題があった。
 今回MKIが取り扱いを開始するKIBITは、テキスト解析においてキーワードだけに頼らず、専門家や勘の優れた人が備える“暗黙知”を再現した独自の機械学習のアルゴリズムを用いた人工知能で、高い自然言語処理技術を持ち、短い時間と少量の教師データで解析が可能。
 FRONTEOが4つの金融機関の協力を得て、2018年5月に取り組んだ金融庁の「FinTech 実証実験ハブ」ではKIBITを活用した業務記録のチェック作業において「42%の時間短縮、正解検出数2倍、能力の標準化や高度化にも効果あり」との試験結果が得られた。実際に導入した企業からも実践的な結果を得られる点が高く評価されており、金融機関におけるお客様とのコミュニケーションの解析、不正の予防・発見などに活用されている。
 MKIは従前、金融機関と顧客をつなぐタッチポイントとなるコールセンターシステムや営業店のIP電話をはじめ、音声録音装置、音声認識システムなどを数多くの金融機関に導入してきた。今後は金融機関で数多くの活用実績のあるKIBITをソリューションのラインナップに加え、音声認識によるテキストデータ、VOCデータの活用高度化、顧客本位の業務運営をワンストップで支援していく。FRONTEOは、金融機関向けの取り組みで蓄積したAI導入・運用のノウハウをMKIと共有しつつ、ビジネスの拡大を共に推進していく。


PAGE TOP