Home » 週刊CCMニュース » CRM関連ベンダー動向 » 〔2018/11/29〕スタークスのLINE@ 1:1トークでの顧客対応を自動化する「CS cloud」、CRM連携機能を提供開始

〔2018/11/29〕スタークスのLINE@ 1:1トークでの顧客対応を自動化する「CS cloud」、CRM連携機能を提供開始

 スタークス(本社:東京都品川区、上ノ山慎哉社長)は、LINE@ 1:1トークの自動化ツール「CS cloud」の新機能として、さまざまな顧客管理システム(以下:CRM)との連携機能のβ版を実装し、第1弾としてECのカートシステムとの連携を発表した。
 これまでLINE@の自動応答および有人チャットによる顧客対応業務においては、顧客管理システムとLINE@の顧客対応データが一元管理されていなかったため、自動応答でできることに制限があった。また有人チャットでの顧客対応においても、顧客情報が分からないため、多くの手間が発生していた。
 そこでCS cloudでは、LINE@の無人・有人による顧客対応業務の手間を削減しながら成果をアップさせるために、CRMと連携できる機能を開発した。今後、さまざまなCRMとの連携を進めていくという。
 これまでLINE IDと顧客IDを連携させるためには、Webサイトでの会員登録時にLINE ID連携するしかなかったが、LINEが提供するLIFFを活用したログイン連携機能を実装することで、LINEアプリ側からもLINE IDと顧客IDを連携できるようになる。また、カートシステムで更新された顧客情報がリアルタイムにCS cloudの顧客DBにも反映されるため、常に最新の情報を見ながら無人・有人のチャット対応ができるようになる。さらに、顧客IDとLINE IDが連携した顧客は、ショッピングカートにログインした状態でLINEアプリからECサイトへ遷移するため、わざわざIDやパスワードを入力する必要がなく、成約率アップが期待できる。


PAGE TOP