Home » 週刊CCMニュース » CRM関連ベンダー動向 » 〔2019/1/30〕ベクスト、コンタクトセンター向け音声マイニングソリューション「VextVoiceMiner」の機能を大幅強化

〔2019/1/30〕ベクスト、コンタクトセンター向け音声マイニングソリューション「VextVoiceMiner」の機能を大幅強化

 ベクスト(本社:東京都品川区、石井哲社長)はコンタクトセンター向け音声マイニングソリューション「VextVoiceMiner」の機能を大幅強化した。
 近年、音声認識・テキストマイニングの技術向上により、コンタクトセンターの音声データをテキスト化し、分析・活用することができる、音声マイニング(=音声認識+テキストマイニング)の導入検討を進める企業が増加している。
 同社のVextVoiceMinerは、音声マイニングソリューションの総称で、独自の会話分析エンジン(特許取得済)をコアとして、分析ソリューション「VextMiner」、自動要約ソリューション「VextResume」、自動リコメンドソリューション「VextRecommend」、分析結果配信ソリューション「VextPortal」などのソフトウェアで構成されている。
 リリースは2019年1月31日を予定しており、コールセンターに音声認識の導入を検討している企業や、音声認識の導入が完了しており更なる活用を検討している企業を中心に随時、販売・導入していく予定。いずれの製品においてもオンプレ/クラウド双方での提供ができ、Vextシリーズの導入ノウハウを有する各パートナー企業より導入提案が可能。


PAGE TOP