Home » 週刊CCMニュース » インハウスセンター動向 » 〔2019/3/13〕コラボス、コールセンターのビッグデータなどを有効活用各種チャネルのデータを統合し、潜在客の顧客化促進

〔2019/3/13〕コラボス、コールセンターのビッグデータなどを有効活用各種チャネルのデータを統合し、潜在客の顧客化促進

 コラボスとイデア・レコード(本社:東京都新宿区、柏田康雄社長)は、2019年2月18日より飲食チェーンでの予約受付業務において収集された各種データを「コラボスDMP(仮称)」にて統合的に分析し、売上や品質向上に活用する実証実験を開始した。
 本実証実験では、ワタミが展開する飲食チェーンの予約受付業務において、コールセンターでの予約受付(オフラインデータ)と店舗予約用Webサイトで収集される予約情報(オンラインデータ)、店頭での直接予約(オフライン予約)のほか、オンラインのWeb行動データなど、複数のチャネルのデータから蓄積・分析した結果を、Web広告配信に活用し、効果を検証する。
 本実証実験により、これまで詳細に分析できなかった「ネット予約」と「電話予約」の顧客特性の比較や、「コース予約」と「席のみ」、「店舗エリア」「利用コース」ごとの詳細比較が可能となり、マーケティング施策の見直しや販促状況の強化などへの活用を検証する。
 コラボスは、本実証実験を踏まえ、コールセンターで保有するデータとWeb上のデータを融合させることにより、企業のマーケティング活動における広告価値や顧客満足度の向上に貢献する新サービスの提供を予定している。


PAGE TOP