Home » 週刊CCMニュース » アウトソーサー・派遣会社動向 » 〔2019/5/7〕トランスコスモス、マレーシアにおいて海外多言語広告運用サービスを開始

〔2019/5/7〕トランスコスモス、マレーシアにおいて海外多言語広告運用サービスを開始

 トランスコスモスのマレーシア子会社であるトランスコスモスマレーシアは、イーエムネットジャパン(本社:東京都新宿区、山本臣一郎社長)と業務提携し、海外多言語広告運用サービスを開始した。
 現在日本への海外からの旅行者は3000万人を超え、旅行者を受け入れる地方自治体や宿泊事業会社・外食事業会社は日本全国に及ぶ。また日本における労働力不足問題はより一層社会問題化しており、企業の海外からの就業人材ニーズはますます高まるなど、海外でのデジタルプロモーションニーズは多方面で高まっている。
 このような背景により、トランスコスモスマレーシアとイーエムネットジャパンは業務提携し、インバウンド向けデジタル広告・海外人材採用広告サービスなどの販売を強化する。トランスコスモスマレーシアは、2016年10月に開設したクアラルンプールセンター内に「グローバルデジタルマーケティングセンター」を開設し、英語・中国語やその他ASEAN言語など、多言語の広告運用・クリエイティブ制作・現地向けソーシャルメディア運用などを提供する。
 トランスコスモスマレーシアは、マレーシア国内市場向けのみならず、多言語対応センターとしてグローバルにコンタクトセンターサービス、デジタルマーケティングサービスなどを、200席の規模で提供している。


PAGE TOP